競馬の大量買い情報(異常オッズ)を調べる3つの方法を紹介!

競馬の予想に関する情報

競馬の馬券を買ったことがある人ならば大量買い情報(異常オッズ)を目にしたことがあるのではないでしょうか?

馬券を購入した時の票数によって変動するオッズは、普通であれば人気の競走馬や話題のスターホースに人気が集中します。すると、人気が集中した競走馬のオッズは低くなります。このように買いたい人の多さによって決まる人気順とオッズに対し、「異常オッズ」はその秩序を乱すような買い方をされているのが特徴です。

オッズが上下するのは人の投票によるものなので、つまりは誰かがその馬券を意図的に買い占めているということを意味しています。

一体なぜ馬券を買うのか…それは儲けたいからですよね。それは異常オッズを作り出すことになった人も同じです。異常オッズは競馬関係者のインサイダー情報によってある馬の馬券が大量買いされた時に現れると言われています。

そんな異常オッズをいち早く察知し、勝ちにつなげたい!そう思っている競馬ファンのために今回は競馬の馬券の大量買い情報(異常オッズ)を調べるための3つの方法をご紹介したいと思います。

大量買い情報(異常オッズ)はどんな時に発生する?

まずそもそも、どんな状況で異常オッズは発生するのでしょうか?競馬関係者のインサイダー情報によるものと言われている異常オッズですが、その他にも下記のような状況で異常オッズが発生すると言われています。

ここからは異常オッズが発生する要因をいくつかご紹介していきたいと思います。

インサイダー情報によるもの

競馬では、競馬法によって競馬関係者は馬券を買ってはいけないと言われています。競馬関係者とは騎手、調教師、厩務員の他にもJRA職員なども含まれますが、実は今現在の法律ではこれに違反しても刑事罰に問われることはありません。

そのため、親しい友だちに頼んで買ってもらいさえすれば競馬関係者でも簡単に馬券を購入することは出来てしまいます。信頼出来る人にお金を渡して頼んで、馬券を買ってもらうということ自体は全く難しいことではありませんよね。

馬主に関しては関係者には一番近いものの、部外者であるためインサイダー情報を元にして馬券を購入しても問題ないとされており、様々な状況が考えられますがこのような情報を元にして購入された馬券が異常オッズを生み出す要因の一つです。

馬主の大口投票によるもの

自分が馬主だったら、自分の所有している馬を応援したいと思うのは当たり前ですよね。「フサイチ」の冠名で知られる関口房郎や「アドマイヤ」の冠名で知られる近藤利一ら馬主は自分が所有している馬に大金をかけることが多く、その購入によって異常オッズがもたらされるということが多くありました。

馬主をやっている人は資産家なので、とんでもない額を一気に購入するため急激にオッズが変動するのです。

ただし、馬主による大口投票によってもたらされた異常オッズの場合、予想の参考にはなりません。なぜなら自分の馬だから応援するという、根拠のない応援や道楽目的の馬券購入だからです。実際に絡むパターンは少ないと考えていいでしょう。共同馬主の競走馬の場合もこのような現象が見られますが、同じ様に馬券購入の参考にすることは出来ないので注意しましょう。

メディア報道によるもの

現在では誰でも毎日当たり前にインターネットを利用している時代です。毎日インターネットを利用しない日がないという人も少なくないでしょう。

このようなインターネット社会では、競馬情報も数多くのメディアが発信しています。そんな情報がオッズに影響し、異常オッズが発生する確率が高まっています。競馬好きの有名人がTwitterなどのSNSで発信したり、Youtubeなどで情報発信している人が推奨している馬などは異常オッズにつながる可能性が高いようです。

最近話題になったのは藤田菜七子騎手のファンが大量に単勝馬券を購入したことで発生した異常オッズです。このように異常オッズが発生する原因は一つではないため、異常オッズが出たからと言ってただ買えば当たるという訳ではないということは肝に銘じておきましょう。

異常オッズの見分け方

では、そんな異常オッズは一体どのようにして見分ければいいでしょうか?見分けるために大切なこと、それは「1つのオッズだけを見て判断しない」ということです。

異常オッズを発見したからと言ってすぐにそれに乗って馬券を購入するだけでは、高額配当を手にするどころか惨敗してしまう可能性が高くなります。

何故なら、上記でもご紹介したように異常オッズが発生する原因は一つではないからです。道楽目的の馬券購入によって生まれた異常オッズならば全く信頼は出来ませんよね。

異常オッズを見つけたら、まず最初に大切なのはその馬について調べることです。そして調べた上で、自分の予想も踏まえて馬券購入につなげましょう。ただ異常オッズが出たから買う、有名人が推奨している馬だから買うではいつまで経っても設けることは出来ないでしょう。

大量買い情報(異常オッズ)を調べる3つの方法

異常オッズが発生する原因は複数あり、異常オッズが発生したからと言ってそれが買いだということではない。ここまでではそんなことについてご説明してきましたが、そもそも急激なオッズ変動に気づくことが簡単ではありません。

普通にJRAのサイトを見ているだけではまず気がつくことが出来ないでしょう。オッズを見ているだけでは大量の人が購入したことによる変動なのか、それとも一人が大口投票をしたことで変動したのかがわからないからです。

そこで、ここからは大量買いがあった結果、発生した異常オッズを調べるための方法をご紹介したいと思います。異常オッズを参考にして馬券購入をしたいと考えている方は是非参考にしてみてください。

Twitterでチェックする

まず、一番手軽なのがTwitterを利用して異常オッズを調べるという方法です。Twitterでは便利なタグ機能があり、これを使えば多くの人のツイートの中から、自分が知りたいワードを含むツイートを探し出すことが出来ます。

異常オッズをTwitterでチェックしたい場合には「#異常オッズ」と検索窓に入力して検索しましょう。すると、異常オッズに注目している人のツイートを見ることが出来ます。

「今異常オッズを見つけた」「急に大きいのが入った」など、リアルタイムな情報を見ることが出来るため、簡単に異常オッズ情報を手に入れることが出来ます。

TARGET frontier JV(ターゲット)を使う

TARGET frontier JV(ターゲット)とはJRA-VANが提供している競馬情報データ分析ソフトで、このソフトを使えばいつ、どの馬に、どれだけの投票があったのかということを知ることが出来ます。

かなり詳しい情報までチェックすることが出来るため、異常オッズを知りたいという人には最適です。

TARGET frontier JV(ターゲット)はあくまでデータ分析を行うためのソフトであり、予想をしてくれる訳ではありませんが過去の膨大なデータを活用することが出来るため予想に役立てることも可能です。

TARGET frontier JV(ターゲット)を見る

異常投票馬追跡を使う

異常投票馬追跡はJRA-VANデータラボ会員ならば好きな時にインストールすることが可能なソフトで、フリーウェアのため使いやすいのも特徴です。

馬のオッズや得票率の他にも指標から異常投票があったことを知ることも出来ます。

異常投票馬追跡を見る

まとめ

異常オッズを調べる為の方法などについてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?異常オッズがあるとついついそれに乗って馬券を購入したくなってしまいますが、まずは見極めを行うことが重要です。

異常オッズが発生する原因は一つではなく、様々な原因があるため、高額配当に繋がるのかどうかをまずは精査しましょう。

今回ご紹介した異常オッズを調べる方法を使って異常オッズを調べたら、買うべき異常オッズなのかどうかを判断してみて、自分の予想に活かしてみてください。

コメント