競馬の情報商材は参考になる?悪徳を見抜く3つの方法と詐欺被害の返金方法

競馬のサービスに関する情報

競馬を予想をしていると、予想の方法を勉強したくなったり、競馬で勝ってる人の予想ポイントを知りたいと思うこともありますよね。

そこで、競馬の情報商材を参考しようか悩んでいる人もいらっしゃるのではないでしょうか?競馬サイトよりも詳しい情報を入手出来れば的中率や回収率を上げることも可能だと思います

しかし、ネット上に溢れている競馬予想サイトのほとんどが悪徳サイトになっており、情報商材においても高い確率で詐欺の可能性があります。

この記事では、競馬の情報商材について詳しく紹介していきたいと思います。特徴や悪徳の見分け方、詐欺被害に遭った後の返金方法などを解説していくので是非参考にしてみて下さいね。

競馬の情報商材の特徴

競馬の情報商材と言っても、購入したことが無い人は一体どんな内容になっているのか知らない人が多いと思います。

主に、どのような情報商材が販売されているのか、まずはその特徴について紹介していきましょう。

指数から予想

多くの競馬サイトでも利用されているのが指数です。競走馬の能力を数値化することにより、簡単に比較を行えるようにするというものです。

しかし、指数と言っても様々な算出方法があり、上がり3Fのタイムを利用したり、今までの過去のレースから指数を出したり、他の要素を入れたり。

かなり参考にはなりますが、その競走馬が今までのような走りを出来るかも重要になります。

情報商材では、この指数を分析しデータ化したものも多く扱われています。

血統から予想

競馬では血統は予想をする時には大きなファクターの一つになりますが、かなり細かく調べる必要がありますし、専門的な知識を必要とする為、気にしていないという人も多いのではないでしょうか?

しかし、血統をしっかりと頭に叩き込むことで、穴馬の激走や人気馬の凡走を見抜くことも出来る為、出来れば予想に反映させたいですよね。

競馬の情報商材では、この血統について詳しく記載されているものも多くあります。主に血統のデータ分析やデータベースなどを販売しており、レースの距離や左回り右回り、天候、年齢などから予測を立てるというものです。

独自理論から予想

競馬の情報商材で最も多いのが独自理論を展開しているものになりますが、逆に悪徳が多いのものこの独自理論になります。

独自理論は、その人が長年の経験から得た理論を基に予想をしていくという方法ですが、本物であれば参考になる可能性がありますが、偽物も場合が多くなってしまいます。

その理由は、競馬に詳しくない人でも適当な理論を作ることが出来るからです。血統や指数だとデータなどを駆使する為、手間や時間もかかりますし、知識も必要となります。

また、競馬に詳しい人が見ればすぐに知識が無いこともバレてしまうので、独自理論でごまかすことが多くなります。

悪質な競馬の情報商材を見抜く方法

上記で特徴を解説しましたが、競馬の情報商材を購入することはおすすめしていません。

ほとんどが詐欺となっており、記載されている情報は誰でも知っているようなことが多く購入する価値はないと思います。

また、競馬の情報商材は、中身が分からないことが多くなっており、実際にお金を払うまで詐欺かどうか分からないので、予め見抜く方法を知っておく必要があります。

誇大広告がある

競馬の予想サイトも同じですが、情報商材を販売しているサイトでも、誇大広告が多く掲載されている可能性があります。

「絶対に勝てる」「100%当たる」というような文言を使うサイトの情報商材には注意が必要です。

競馬に絶対はありません。その為、上記のようなセリフが飛び交っているサイトは悪徳だと言えるでしょう。

優良サイトであれば、どれくらい当たっているのかの的中率とその根拠や証拠をしっかりと記載しているはずです。

何の根拠もなく絶対に当たると言っているサイトは利用しないようにしましょう。

高額で販売されている

競馬の情報商材はかなり高額で販売されていることが多くあります。これは悪徳サイトでも同じです。

高くすると買われないのでは?と思う人もいらっしゃるかと思いますが、人間の心理的には高額の方が真実味を感じてしまうのです。

例えば、1000円で売っている情報商材では、どうせ内容も薄いし詳しい情報を知ることなんてできないと感じませんか?

逆に5万円と言われれば、どんな凄い情報を知ることが出来るのだろうと考えてしまうのです。高額にすることで、その商材の価値を高めて購買意欲を促進する効果があります。

また、悪徳な競馬の情報商材を売っているサイトとしては、サイトを見た1000人に一人が購入してくれればいいやという考えで運営していることが多く、一人当たりの詐欺金額を多くする為に高額に設定されていることもあります。

中身がよく分からないものに高額なお金を支払うことはとても危険です。金額設定が強気なサイト程注意が必要だと言えるでしょう。

裏情報・極秘情報は危険

競馬予想サイト、競馬情報商材販売サイトに多いのが裏情報とか極秘情報の提供です。

基本的には一般には出回っていないような情報を知っており、かなり高い確率で的中出来るようなことを仄めかしてきますが、100%嘘だと思って良いでしょう。

中には実はこの競走馬は調教が良いという情報はあるかもしれませんが、それは他の人でも知ることが出来ますし、高額な金額を払わなくても知ることが出来ます。

さらに言えば、そのような情報を一般の競馬サイトの運営者が知る術はありません。

中には、元競馬関係者と繋がりがあると言っているサイトも多いですが、信用は全く出来ませんね。このような文言を使うサイトの使用も確実に止めた方が良いでしょう。

競馬情報商材の返金方法

悪徳サイトから競馬の情報商材を購入してしまった時の対処方法や返金方法についてご紹介していきます。

競馬の情報商材の中には、誰でも知っているような情報を記載して販売しているサイトもありますが、実際にこれが詐欺かと言われればかなりグレーです。

そのサイトにとっては貴重な情報ですと言われてしまえば返金は難しいかもしれませんが、対応することが重要になるので、泣き寝入りせずにしっかりと行動するようにしましょう。

弁護士に相談する

まずは、弁護士に相談するという方法が好ましいと思います。同じように競馬の詐欺被害に遭った人から多くの相談が寄せられており、スペシャリストです。

しかし、弁護士に相談する場合には費用が発生するので、返金予定の金額と弁護士に払う費用をしっかりと計算する必要がありますね。

返金の金額によっては弁護士費用の方が高くなってしまう可能性もあるので、予めいくらで対応してくれるのかを確認んするようにしましょう。

クーリングオフ

消費者を保護する目的でクーリングオフというシステムが設けられています。クーリングオフが対象となる期間内であれば、購入者が一方的に商品購入をキャンセルし返金を求めることが可能となります。

しかし、競馬の情報商材に関しては通信販売となる為、通常の商品とは異なる為、クーリングオフの対象にはならないのです。

ではどうすればクーリングオフが出来るのか。それは、販売元が購入者を騙すことを目的として販売しているという証拠があればクーリングオフが適用されることもあります。

特に、上記で解説した悪徳サイトを見抜く方法にも合った誇大広告を記載していたという証拠や、極秘情報を知っていると言っていたのに記載されていないとか、そのようなことがあれば消費者センターに相談してみると良いと思います。

まとめ

今回の記事では、競馬の情報商材に関してご紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?

記事内でも言いましたが、競馬の情報商材は購入するべきではないと思います。

ネット上には、競馬の情報商材を購入したけど騙されたとか、全く参考にならない情報しかなかったとか、弁護士に相談したという趣旨の書きこみで溢れています。

中には、本当に参考になる情報商材も存在しているかもしれませんが、それを見つけるのは簡単ではないでしょう。

また、購入するまで中身が分からないので、お金を払った後じゃないと本当に悪徳かどうかを知る術はないのです。

見分ける方法をご紹介しましたが、競馬の情報商材は購入しないというのが一番の対策になると思います。